FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スタッフと共に・・・


5月31日 火曜日・・・


なかなか仕事の合間をぬって、メインスタッフの意見を聞ける事も少ないので


安城店のスタッフには内緒で、ハーベストスタッフと食事会をかねて


PIZZA PAZZA Italiana にてミーティング。




今後のHERVEST “食べ放題のランチ” が Bacaro に移行する際での


リニューアル内容など、検討事項・改善箇所などを重点的に


主婦の意見を代表してパートさん達からも意見をたくさん聞かせていただきました。



日頃はほぼ僕が企画をし、社員に相談を持ちかけるに過ぎないのですが、


全てのスタッフと今行っている内容が満足してお客様におすすめできるのかと


言う部分を再確認しながら、今回のミーティングは非情に前進すべき


内容の濃い意見交換が出来ました。





そして、ミーティングはスタッフと共に食事会





まさか、この食事会は僕の中で単なる交流会程度の食事として考えていたのですが、


ミーティング本来の内容より考えさせられる事になるとは・・・


(結果的には素晴らしいことですが)



客席から食事をしながら見た自分の店


接客・・・

スタッフの接客や店の雰囲気、気遣いなど・・・ 決して何一つとって悪くはないけど


なぜ、満足が出来ないのか。 



お客様への愛情が足りないのか? 


レストランとしてもっと歯切れのよいシャープな接客が必要なのか???





料理・・・ 


どれ一つとっても美味しい



けど、なんとなく満足できない。。。



正直 “バランスの悪さ” と 一品一品の主張の弱さ を感じた。



僕がこうして下さいと伝えて、やってきてくれていた事に



僕は明確な表現方法が伝えられていない、指導しきれていない事に気がついた。



食事が終わりスタッフと共に自分達が明日から作る料理に向けてよい勉強に


なったと話し、改善の内容ばかり話していたのですが・・・



実際はそんな事ばかりでもなかった事にすぐ様、気づきました。



お会計をしてみると、実際



『この内容でこの金額・・・???』



正直、金額のお値打ち感に驚きました



(自分の価値観の問題でもあるのでご理解いただけない部分もあるかもしれませんが)




これだけのコース内容でこれだけの食材をふんだんに使い、


(ここも伝わりきれていない部分もあるので、使っていることに関しては


自己満足ではない明確に伝える努力が必要ですが。。。)



自分の店ながらに働いてくれているスタッフには逆に



これだけ作ってこの金額???



と親バカみたいになんだか申し訳なく感じてしまう部分も一瞬ありました



正直、 一人2500円単価くらいのレベル内容 で 


話あっていないか?と錯覚しました。




けど、何をとったにしても全てはお客様にとって、ご満足していただけたか!




今、何をすべきなのか・・・ どうしたらもっともっと喜んで頂けるか・・・


一線を帰するイタリアンレストランとして愛していただけるか。。。



一般的には少し高い価格設定だけど、逆にもっときちんとしたレストラン価格の設定


で、もっときちんとしたコースをお出迎えするべきなのか。。。




正直、僕が表現したい基準は高くなり、僕が求める理想が高くなった。



社員に対しての要求・技術も正直、高くなったと思う。



それは確かな事実。



そして理想に対して、技術のなさがバランスを保たせられない不甲斐なさ、


イラダチも正直あると思う。



一人が出来ても当然ダメなわけですから・・・



全ては高い平均値を作り上げる必要がある。



けどすぐに出来るわけではなく、教育には時間がかかります。



この事については食事会が終わり、


安城店スタッフにも思いを伝え、店を出てからも一日中考え続けました。




正直、いろいろな事を習得し、志が高くなり、目指す所が高くなるのは当りまえ。


けど、決して高級レストランを経営したいわけではない。



美味しい物を出来ることなら適正より



『お値打ちで満足感の高いお店』を作りたい。



夜、名古屋で友人と人気の鉄板焼き居酒屋で


日頃口にしない一般的に人気のある料理を楽しみながら会話をしていると


ふと一人で考え込む時があった。



正直、深く考えた事はなかったが、


好きなものが食べられる『ブュッフェ』について・・・



なぜ作り置きしてある料理が人気なのか? 


深く考えた事もなかったし、考える必要もないと思っていた。



でも急に『深く考える必要なんてあるか?』と自分に問いかけてきた。




ただ 『食べたい物を食べる』 それで良いんだと・・・




しかし、我々がシェフとして作り、提案している料理は


アンティパストミストで例えれば 



言えばいわば僕達に全てを任してくれ、


何が出てくるのかを楽しみにしてくれる。



自分で決めている訳ではない


そこに考える余地、反省すべき点がありました。


好きな物を選んで食べていれば料理を楽しむ順番も味わい方も全て自分次第ですが、



僕達がしなければいけないことはだれもただ美味しいのではなく


『構成力』がもっともっと必要なんだと・・・


どれも美味しい! それは当然。


でも組み合わせによる口の中での楽しみ方、


インパクトの出し方、 アミューズである限り、


もっと高低差のある遊園地みたいな味わいを表現しなければいけない



はっきり言って出直しです。


ブログかいてる時間があったら、即行動です



ただ美味しかった・・・ じゃなく、また来たくなる店にしなければ。



絶対に出来ると思います。 頑張ります



スポンサーサイト
プロフィール

pearlygates

Author:pearlygates
愛知県岡崎市の「HERVEST」、安城市の「PIZZA PAZZA Italiana」です。こだわりの食材を使ったイタリアンをお楽しみください。各種パーティ、二次会も受付中!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。